卵殻膜 手作り化粧水

卵殻膜で手作り化粧水を作る方法をご紹介

卵殻膜で手作り化粧水を作る方法をご紹介

 

この記事では、卵殻膜を使って手作り化粧水を作る方法について、まとめていくね。

 

卵殻膜で手作り化粧水を作る方法をご紹介

 

卵殻膜の手作り化粧水の材料とは?

 

卵殻膜の手作り化粧水の材料として、まず次のものを揃えておくんだ。

 

☆卵殻膜…10〜30個くらいの卵

 

☆ウォッカ…適量を40度以上で

 

☆精製水…適量

 

卵とウォッカは、基本的にスーパーなどで簡単に買えるよ。

 

精製水については、楽天市場やドラッグストア、あとホームセンターでも購入できるはず。

 

ドラッグストアの場合だったら、コンタクト関係の売り場で見つかるケースが多いと思うよ。

 

卵殻膜については、一度ゆで卵にしちゃうと使えないんだ。

 

生卵のままで中身を出してから、10〜30個分くらいの卵の殻をためていけばOKだよ。

 

割った状態の卵の殻を、ボールとかの容器に殻が十分に浸るくらいの量の水を入れておいて、1日くらい放っておけば準備完了になるんだ。

 

注意点としては、手作り化粧水だから自分が1カ月くらいで使い終わる量だけ作るようにすることが大事だよ。

 

卵殻膜美容液(エキス)を手作りする方法

 

卵殻膜美容液を手作りする作業工程を順番に書き出していくね。

 

@卵の殻から卵殻膜を取る

 

事前に水に浸しておいた卵の殻を取り出して、殻の内側の卵殻膜を破れないように慎重にはがしていくんだ。

 

A卵殻膜を乾かす

 

はがした卵殻膜を、お皿などの上に置いておいて、数時間そのままにしておくんだ。

 

卵殻膜が乾燥した状態になると、色が半透明から白色に変わってくるんだよね。

 

その白い状態になった卵殻膜を、卵10〜30個分ためるようにするんだ。

 

Bウォッカを加える

 

ためておいた卵殻膜をペットボトルなどに入れて、卵殻膜をがしっかり浸るくらいの量のウォッカを入れていくんだ。

 

その状態で1〜2週間放っておけばOK。

 

C濾過(ろか)をする

 

ボウルにざるを載せて、清潔なタオルを敷いておくんだ。

 

次に、その上にキッチンペーパーを敷いて、その上から卵殻膜が入ったウォッカを注いでいくんだよね。

 

濾過するときは手で絞ったりしないで、液体がそのまま自然に落ちていくのを待っていると、しっかり濾過ができるよ。

 

なので、液体を注いだ後は、濾過されるまでの時間はちゃんと待ったほうがいいんだって。

 

以上で、卵殻膜美容液の出来上がりになるよ。

 

この状態ですぐに使うこともできるけど、アルコールが肌に合わないタイプの人もいるから、使う前にパッチテストをして肌荒れなどが起きないか確認してから使うと安心できるよ。

 

卵殻膜美容液(エキス)を化粧水に変える方法

 

@精製水を加える

 

容器に精製水を入れておいて、卵殻膜美容液を混ぜていくんだ。

 

精製水と卵殻膜美容液の割合については、自分で調整すればOK。

 

もちろん、その割合によって濃度が変化するから、敏感肌の人は薄めにした方がいいかも。

 

ちなみに、1:1だとアルコールが強くなるから、美容液1に対して精製水が2か3くらいにすると、ちょうどいいバランスになるそうだよ。

 

後から濃さを調整することもできるから、最初は濃い目で使って、アルコールが強いようなら後で精製水を足して薄める、っていう使い方もおススメ。

 

A使いやすい容器に入れ直す

 

たとえばスプレータイプの容器にするなど、自分が使いやすい容器に入れ直して完了。

 

手作り化粧水の使用期限は?

 

手作り化粧水だと防腐剤が入っていないので、どうしても市販のものより使用期限は短くなるんだ。

 

およそ1カ月くらい、長くても2カ月以内には使い終わるようにするのがベター。

 

ただ、これも目安だから、変な臭いがしてきたりしたら、すぐに使用をやめるのが大切だよね。

 

なるべく長く使いたいなら、美容液も化粧水も冷蔵庫で保管しておくのがいいみたい。

 

安心安全ならビューティーオープナーを。

 

手作り化粧水の場合、使用期限が切れていたり、アルコールの濃度が濃すぎたりして、肌荒れなどのトラブルが起きないように自己責任で気をつける必要があるよね。

 

卵殻膜エキス94%配合のビューティーオープナーはアルコールや防腐剤が入っていないフリー処方だから、安心して使えるよ。

 

公式サイトならお試しもできるから、気になったらぜひチェックしてね。

 

⇒ビューティーオープナーの公式サイト

 

.