卵殻膜 NHK

卵殻膜がNHKの番組でも放送されてたって本当!?

テレビカメラとスタッフ

 

卵殻膜について採り上げた番組が、NHKで放送されたことがあるんだ。

 

ここでは、以前にNHKで放送された卵殻膜を採り上げた番組について、まとめてみるね。

 

NHKの卵殻膜についての番組って?

 

卵殻膜を採り上げていたのは、NHKの「マサカメTV」っていう番組なんだよね。

 

NHKの番組の冒頭は?

 

まず、世界ヘビー級のチャンピオンであるプロレスラーの佐藤耕平さんが登場して、「プロレスと卵は意外な結びつきがある」っていうことを話していたんだ。

 

それから、お笑い芸人の2人が、プロレスと卵の関係について、プロレス選手の寮に行って、調べる流れだった。

 

卵殻膜についての放送部分は?

 

最初のテーマで、プロレスラーが試合の時に卵を使うことがあるけど、その使い方とは何?、っていうことでクイズ形式で放送されていたんだ。

 

で、そのNHKの番組のVTRで出演していたプロレスラーが、試合中にできてしまった傷に卵殻膜を「絆創膏として」貼っている、っていうのが紹介されていたよ。

 

プロレスラーの人も、卵殻膜を貼ると治りがすごく早い、ってコメントをしていたんだよね。

 

あの東大の先生も登場!

 

そして、ビューティーオープナーの共同研究にも携わっている、東大名誉教授の跡見先生も出演していたんだ。

 

卵殻膜について、番組内で次のようなコメントをしていたよ。

 

@傷の治りが早い

 

A傷の治り方もキレイ

 

卵殻膜って細かい網の目状のつくりをしていて、空気は通るのに水を遮る効果があるから、天然由来の絆創膏として使うことができるんだそう。

 

東大の先生もお墨付きの効果だから、卵殻膜のパワーってやっぱりすごいよね。

 

その後の番組の流れは?

 

卵殻膜の後の番組の内容としては、好きな卵料理をゲストの林家三平さんが語ったり、ゆで卵の変わった作り方が紹介されていたよ。

 

そのほかにも、ストッキングで卵を回転させてからゆでると、白身と黄身が反対になったゆで卵ができる話とかが採り上げられていたよ。

 

卵殻膜パワーの代表作。

 

さて、どうだったかな?

 

後半は卵殻膜とは関係ない話になっちゃったけど、東大の先生も出演されていたこともあって、卵殻膜のパワーがすごく伝わってきた番組だったよ。

 

さすがNHKだけあって、成分の説明とかは詳しかったっていうのが、見た私の感想かな。

 

番組中でも紹介されていた、3型コラーゲンをサポートする美容液が、話題のビューティーオープナー。

 

公式サイトなら初回分だけのお試しもできるから、よかったらチェックしてみてね。

 

⇒ビューティーオープナーの詳細を見る

 

.