卵殻膜 潰瘍性大腸炎

卵殻膜は潰瘍性大腸炎にも有効?

卵殻膜は潰瘍性大腸炎にも有効?

 

この記事では、卵殻膜の潰瘍性大腸炎への効果について、書いていくね。

 

卵殻膜は潰瘍性大腸炎にも有効?

 

卵殻膜が潰瘍性大腸炎の治療にも効果があるという情報がネットでも見受けられるけど、この情報って本当なのかリサーチしてみたよ。

 

卵殻膜が潰瘍性大腸炎に効果があるという理由は?

 

卵殻膜が潰瘍性大腸炎の症状を鎮める効果があるという情報の根拠がどこにあるのかだけど、調べたところ、日本の学会で発表されているんだよね。

 

2014年に東京大学で行われた研究結果によると、人工的に潰瘍性大腸炎を発症させたラットに卵殻膜を食べさせたところ、大腸炎の指標としている数値が軒並み減少していたそうなんだ。

 

卵殻膜に歴史あり。

 

卵殻膜は古くから怪我や病気の治療に使われていて、文献にもいろいろ残っているんだ。

 

例えば、古代ローマ帝国時代のプリニウスの『博物誌』に、卵を使用した22の治療法が書かれているんだけど、そこでは卵殻膜が唇の傷を治す作用があることが掲載されているんだよね。

 

また、中国で明の時代に著された『本草綱目』にも、刀で裂けてしまった舌を卵殻膜で治した話が書かれているんだよね。

 

卵殻膜は薬品としては…。

 

卵殻膜は皮膚の治療だけでなく、潰瘍性大腸炎や肝機能障害にも有効とされているのに、現代では基本的に薬品としてはまだ使用されていないみたいなんだ。

 

というのも、卵殻膜は卵から来ている成分だから、どうしても卵アレルギーが起こる可能性が消えないんだよね。

 

卵アレルギーを引き起こす主な原因物質は白身の部分に含まれていて、基本的に卵殻膜には含まれていないんだけど、それでも卵アレルギーが発症する可能性はゼロではないそう。

 

このへんも薬として使うのは難しい理由になっているみたいなんだよね。

 

卵殻膜で潰瘍性大腸炎の治療を。

 

潰瘍性大腸炎という病気は、医療レベルが世界的にも高いとされている日本でも、難病に分類されているんだ。

 

そこで、卵殻膜の可能性に注目が集まっているということになるんだよね。

 

卵殻膜はいまだに様々な可能性があると言われているので、これからも期待していきたい素材だよね。

 

卵殻膜のパイオニアはアルマード。

 

さて、ここまで読んでみてどうだったかな?

 

アルマードの公式サイトにはたくさんの卵殻膜製品がラインナップされているから、気になったら見てみてね。

 

⇒アルマードの公式サイトはコチラ


 

.