卵殻膜 アルマード 口コミ

口コミでも評判の卵殻膜をアルマード社が研究する理由

口コミでも評判の卵殻膜をアルマード社が研究する理由

 

卵殻膜化粧品は口コミでも評判が良いものが多いけど、どういった経緯で卵殻膜が商品化されたんだろう?

 

それで今回は、口コミでも高評価のビューティーオープナーの共同研究にも携わっている、日本の卵殻膜研究の第一人者、(株)アルマード会長の長谷部由紀夫氏の卵殻膜についてのコメントについて、紹介していくね。

 

口コミでも評判の卵殻膜をアルマード社が研究する理由

 

アルマード社の長谷部会長が、卵の持つ不思議な効果に興味を持ったのは、小学校1年生の時だったみたい。

 

卵は産み落とされた後、親鳥から何も栄養を与えられないのに、あっためるだけでヒヨコが元気に産まれてくるのを見て、「なんでだろう?」って思ったんだって。

 

それからずっと、不思議だなって思い続けていたみたい。

 

確かに、そう言われると放っておいても生まれてくるって、不思議だよね。

 

卵殻膜研究のきっかけはプロレスラー。

 

アルマード会長が20代の時に、プロレスラーの力道山がテレビのインタビューで卵殻膜についてコメントしていたんだって。

 

インタビュアーが、外国人レスラーがダメージを受けて血だらけになっているのに、力道山はダメージを受けても血だらけにならない理由を聞いたんだって。

 

そしたら力道山が、外国人のレスラーはダメージを受けて怪我をするとその場所を縫うことで治すけれど、そうするとその場所が硬くなって、すぐにまた切れやすくなってしまうから、卵殻膜を張って治している、って答えたんだって。

 

なんでも、力士をやっていた時に、卵殻膜を張って治すようにすると、その部分が柔らかくなって切れにくくなるっていうのを知ったみたい。

 

で、それを聞いたアルマード会長は、子供の頃からの疑問が解けて、ずっと思っていた卵殻膜のスゴイ治療効果が本物だって確信を持ったんだって。

 

この卵殻膜のパワーに確信が持てたときから、いつか卵殻膜を配合した化粧品を作りたいって思い続けるようになったみたい。

 

卵殻膜の商品化は…。

 

でも、卵殻膜って繊維の構造が頑丈にできているから、商品化する素材としてはすごく難しい素材だったんだ。

 

卵殻膜って、水や油に溶けないし、熱にも強いっていうことで、商品化まで至るにはものすごく困難で、たくさんの研究者があきらめてきたんだって。

 

でも、そんな状況の中でも、キューピー株式会社に開発を依頼して、卵殻膜の持っているすごい効果を失うことなしに、加水分解卵殻膜を配合できた化粧品を作り出すことができて、販売まで進んだんだって。

 

卵殻膜研究が世界へ。

 

その後に、ビューティーオープナーの開発につながる、アルマード社・東京大学・東京農工大学との共同研究が開始されたんだ。

 

それから、2011年の5月に、「組織と細胞」っていう研究者用の権威のある専門誌に卵殻膜の研究成果についての論文が載ったことで、学術的にも世界に認知されたそうだよ。

 

卵殻膜って、エコで安全な天然素材だし、簡単に手に入る素材っていうのも、すぐれたところだもんね。

 

さらに研究を進めていくことで、新たな商品開発につなげていってくれそうだよね。

 

卵殻膜化粧品をお試しで。

 

さて、どう思ったかな?

 

ビューティーオープナーの開発に携わっている人の話を聞くと、ますますお試ししたくなっちゃうよね。

 

ビューティーオープナーは公式サイトでお試しもできるから、気になったらまずチェックしてみてね。

 

⇒ビューティーオープナーの公式サイト

 

.